長野県北信の剪定、伐採、草刈りならお任せください

お問合せフォームからのご連絡をお願いいたします

ブログ一覧


剪定をしないで放置するとどうなる?デメリットやリスクを紹介

 

ついつい面倒だからと、庭木の剪定を後回しにしてしまっている方も多いのではないでしょうか。木は生き物と同じで、手入れを行わずに放置してしまっていては、庭木のとしての役割を果たす事が出来なくなったり、うまく成長できなくなってしまいます。そこで今回は、剪定をしないで放置することで引き起こる可能性のあるデメリットやリスクをご紹介します。

この記事を読むための時間:3分

そもそも剪定の目的とは?

そもそも選定にはどのような目的があるのでしょうか。ここでは、まず剪定を行うことによって得られるメリットを見ていきましょう。

美しい樹形を保つ

剪定を行うことで、庭木を美しい樹形に保つことができます。庭に植物を植えている人のほとんどが、目で見て楽しむことを目的としているのではないでしょうか。美しく整えられた庭は、芸術作品のように見る人の心へ安らぎを与えてくれるものです。樹形を美しく保つためには、形をコントロールしたり、日当たりを考えたりしながら将来を見据えた剪定を行うことが大切です。

庭の機能を高める

剪定を行うことは、庭の機能を高めることにもつながります。庭木が成長しても家への日当たりを確保したり、風通しをよくし湿気が溜まりにくい状態にできるでしょう。また、庭木はプライバシーを保護するために目隠しとして使用されることも多くあります。これらの機能を高めるためには、適切なタイミングで剪定を行うことが必要です。

枝枯れや病気を防ぐ

剪定は、植物の健康を守るためにも欠かすことができません。適切な剪定を行うことで、枝や必要ない枝を切り落とし、効率よく植物への栄養を与えることができます。また、風通しを良くすることは、病害虫の発生を防ぐことにもつながります。枝が少々枯れてしまっていても、剪定を上手に行うことで、庭木を蘇らせることも可能です。このように、庭木の健康を守るためにも、剪定は欠かすことができません。

剪定をしない場合のデメリット

次に、剪定をしない場合に引き起こってしまうリスクやデメリットを見ていきましょう。 

寿命が短くなる

剪定を行わないでいると、庭木の寿命は確実に短くなります。枝同士が絡み合ってしまったり、上手く日光を浴びることができない枝が増えたりすることで、庭木は枯れやすくなってしまうでしょう。また、木が病気にかかりやすくなるため、注意が必要です。

きれいな花が咲きにくくなる

剪定されていない庭木には、きれいな花が付きにくくなります。なぜなら、花を咲かせるためには適切な栄養が必要であるのにも関わらず、剪定をしないままでは不要な枝にまで栄養が散らばってしまうからです。また、結実しても葉や枝が茂っていては、しっかりとしたスペースを確保出来ず、成長することができません。

周囲に迷惑をかける

生垣として庭木を植えている場合に適切な剪定を怠っていると、周囲に迷惑がかかってしまいます。道路や近所の家にまで植物が伸びてしまう事で、思わぬトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。見通しが悪くなり事故の発生につながったり、毛虫やハチによる被害が発生したりしかねません。しっかりと剪定を行い、周りに迷惑がかからないよう心がけましょう。

剪定はタイミングをみて行うべし

いくら剪定が必要だといっても、どんなタイミングで剪定を行なってもよいというわけではありません。なぜなら、間違ったタイミングで剪定を行うことで、庭木が衰弱してしまったり、枯れてしまったりすることもあるからです。木の種類ごとに適した剪定時期があるため、カレンダーなどで調べた上で、ベストタイミングで行うことが大切です。

まとめ

今回は、剪定をしない場合に起こってしまうデメリットやリスクについて詳しくご紹介しました。剪定には、見た目を美しく保つというだけでなく、庭の機能を保ち、周りに迷惑をかけないようにするという目的があります。年に1回から2回を目安に、適切なタイミングで剪定を行うことが大切です。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 ライチョウグリーンサービス. All rights Reserved.