長野県北信の剪定、伐採、草刈りならお任せください

お問合せフォームからのご連絡をお願いいたします

ブログ一覧


伐採にかかる費用の相場とは?安くおさえるコツも紹介

伐採にかかる費用を抑えるため、必要な木のみを選ぶ様子

 

伐採には、技術と労力が必要な上に、事故やケガにつながってしまう危険もあるため、できれば業者に依頼するのがおすすめです。しかし、業者に依頼するとなると、気になるのが費用面ではないでしょうか。そこで今回は、業者に伐採を依頼した場合にかかる費用の相場についてや、少しでも安く抑えるポイントをご紹介します。

この記事を読むための時間:3分

伐採にかかる費用の相場とは?

伐採にかかる費用の相場は、業者によって異なるため一概にはいえません。また、伐採する場所、樹木の大きさ、難易度、使用する道具などさまざまな要素が、伐採の費用を左右します。ここでは、一般的な費用の相場についてご紹介します。 

基本料金

伐採にかかる基本料金には、樹木の伐採に必要な伐採費、業者の人件費となる出張費があります。 一般的な費用相場としては、3m程度の庭木であれば、1本あたり3千円から1万円前後が相場といえるでしょう。20m以上あるような大木は、3万円以上は必要になるケースがほとんどです。

追加料金

上記の基本料金に加えて、追加料金が必要な場合もあります。例えば、クレーン車やユンボなどの重機や特殊な道具を使用する必要がある場合、伐採場所に駐車スペースがない場合などには追加料金がかかります。また、伐採した後の切り株を取り除くためには、抜根費用も必要になります。さらに、空いた穴を埋める整地作業幹や枝の回収作業などの費用がかかる場合もあります。 

伐採の費用が高くなる条件

次に、伐採の費用が高くなってしまう条件についてみていきましょう。

重機が必要である

重機を使用する必要がある場合には、伐採の費用が大きくかさんでしまいます。軽トラや2tトラックで済まない場合には、10tや20tのクレーン車を使用する必要もあるでしょう。その場合、5万円から20万円程、重機のためのコストが必要になります。また、ユンボを使用する場合にも2万円から5万円程度必要になるでしょう。

伐採を行いにくい場所である

伐採を行いにくい場所である場合には、作業の難易度が上がるため料金も高くなる傾向にあります。例えば、伐採を行う樹木のすぐ近くに電線や建物がある場合、住宅が密集していて木を倒しにくい場合などがあげられます。

伐採の費用を安くおさえるポイント

次に、伐採にかかる費用を安く抑えるためのポイントについてご紹介します。

伐採した木を買取に出す

伐採した木材の状態が良い場合には、その樹木を買い取りに出すこともできます。特に、ケヤキ・クヌギ・クス・スギ・ヒノキ・銀杏などの木材は、買い取ってもらいやすい傾向にあります。

 

しかし、たとえ見た目は美しくても、幹の中に虫食いが発生している場合には買い取ってもらうことはできないため、伐採してみないとわからないのが実情です。買い取りを希望する旨は、あらかじめ業者に伝えておくようにしてください。

相見積もりをとる

伐採を少しでも安くしたい場合には、複数の業者から相見積もりを取ることが大切です。特に、初めて伐採を行う方にとっては、相場がどれくらいなのか把握することは簡単ではありません。安心して伐採を頼める優良業者を選ぶためにも、少なくとも3社以上の業者から見積もりを取り比較を行いましょう。その際には、見積もりに含まれている基本料金や追加料金について、詳細を確認しておくことが大切です。

必要な部分のみ伐採する

費用を抑えるためには、必要な部分のみ伐採を行うのも有効です。業者に勧められるがままに伐採を行ってしまうと、見積りが高くなりがちです。樹木の状態や周りの状況を見ながら、本当に必要な範囲だけ伐採を行うのがポイントです。

まとめ

今回は、伐採にかかる費用の相場や安く抑えるポイントについて詳しくご紹介しました。伐採にかかる費用は、木の高さや大きさ、さらに生えている場所、使用する道具や機材によって大きく異なります。少しでも安く抑えたいという場合には、業者から相見積もりを取ったり、木材の買い取りを検討するのがおすすめです。 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 ライチョウグリーンサービス. All rights Reserved.