長野県北信の剪定、伐採、草刈りならお任せください

お問合せフォームからのご連絡をお願いいたします

ブログ一覧


庭木の刈り込み剪定、ハサミかバリカンか?

刈り込まれた庭木

枝葉を密に育てて円筒形のシルエットにしたり、生垣状にしたり。

和洋問わず定番の刈り込み剪定ですが、使う道具は何が適しているのでしょうか。

 

※職人さんではなく、一般の方向けに述べてゆきます。

 

 

 

刈り込み剪定の道具

定番はやはり刈込鋏でしょう。

刈り込み剪定のハサミ

一口に刈込鋏と言っても、長さ、素材、刃のつけ方や形状など、色々なタイプがあります。

職人は、伐る対象の直径や硬さなどによって使い分けています。

 

それに対するは、文明の利器バリカンです。
刈り込み剪定のバリカン

こちらは「トリマー」とも呼ばれますね。

写真の充電式や電源コード式、エンジン式のものが流通しています。

 

さて、どちらを使うのが正解なのか?

否、正解不正解の話しではありません。

どんな道具も長所短所を考えて使いたいですよね。

フラットな目線で洗い出してみましょう。

 

刈込鋏とバリカンの比較

①切り口の滑らかさ

鋏もバリカンも同じ刃物だから同じかと思いきや、結構違いが出ます。

 

まずはバリカン使用の切り口はこちら↓

庭木をバリカンで刈った

 

 

次に鋏で切ったもの↓

庭木を刈込鋏で刈った 

いかがでしょう、鋏のほうがささくれておらず滑らかですよね。

※同条件で切っており、バリカンはパワーが十分で刃も鈍っていないものを使用しました。

 

切り口が滑らかということは、その枝が枯れる可能性を低くでき、木にやさしいということです。

見た目にもささくれ立っているのは良くないですよね。

切り口の滑らかさにおいては、鋏に分があります

 

②価格と維持費

鋏については、下は1,000円台から、上は10万円!などという業物まで幅広いです。

が、一般的に5,000円~15,000円も出せば実用的には十分ではないでしょうか。 

メンテナンスについては、研ぎ石も安価であり、研ぎ方もそこまで難しいものではありません。

研ぎ続けて使えば永く使えますし、維持費用は比較的安いものと思います。

 

一方バリカンについてはどうでしょう。

前述した動力の種類、強さ、刃の長さによって、数千円~数万円とこちらも様々です。

太い枝もこなせるパワフルさまではいらないよ、という一般の方ならば2万円以内で収まるのではないでしょうか。

メンテナンスについては、刃数が多いので研ぐのは面倒であり、替刃も数千円はしますから、鋏より維持費用がかかりがちです。

お金の面で安く済むのは鋏ではないでしょうか。

 

③習熟スピード

鋏とバリカンと、どちらが慣れやすいのでしょう?

 

一般的なイメージだと、鋏のほうが難しく思われることでしょう。

実際のところちゃんと使うためにはコツがいりますし、熟練の職人の鋏さばきは「上手い」です!

 

かといって、バリカンが簡単かというと、そうも言い切れません。

枝葉の流れに沿った動かし方、動かす適正スピードなどのコツがあります。

 

とはいえ、刈り込み剪定経験ゼロの人が始めたとして、多数の人が慣れやすいのはバリカンです。

バリカンの方が習熟スピードは早いと言えます。

 

④作業効率

実のところ、刈込鋏も仕事の速さではひけをとりませんし、うまく使えばマラソンのように刈り続けられます。

熟練した職人さんほどそう言うのではないでしょうか。

 

そう、それはあくまで「熟練」の話しであって、万人にあてはまるものではありません。

何だかんだ言ってもバリカンの方がラクです。

 

例えば、長さ5m程度の生垣を鋏で手入れしても、バリカンで手入れしても、人によっては作業スピードも疲れも大差無いでしょう。

しかし、それが長さ30mとなればどうでしょう?

やはりバリカンの方に軍配が上がるはずです(というのが一般的でしょう)。

 

また、刈込鋏はどうしても肩回りの筋肉を使うので、とても体が温まりやすいです。

ゆえに、真夏の刈り込みは地獄です!

 

⑤安全度

どちらが危ないかというと、バリカンの方が扱いに注意を要するでしょう。

その由縁は、片手で使えてしまうかどうかが大きいです。

 

刈込鋏は両手で扱わないとどうにもなりませんよね。

一方バリカンは、大きさと腕力によっては片手でも扱えてしまいます。

 

※ほとんどのメーカーの説明書にはあくまで「両手で保持すること」という注意書きがあるはずです。片手保持は「禁じ手」というご認識をお願いします!

 

そのまさに禁じ手ですが(笑)

庭木のゴミを左手で払いながら、右手でバリカンを扱う

なんて状況、実際にあるのではないでしょうか。

疲れていて誤って左手に刃を当ててしまう、なんて事故は結構あります。

 

他の例として、大型の重いバリカンを使用していて、疲れてきた時に太ももなどの足に刃を当ててしまう、なんとこともあります(私はやりました・・・。)

 

バリカン VS 刈込鋏 まとめ

①切り口の滑らかさ 勝者:鋏

②価格と維持費 勝者:鋏

③習熟スピード 勝者:バリカン

④作業効率 勝者:バリカン

⑤安全度 勝者:鋏

 

という結果と相成りました。

が、白黒つけるのも違うと前述したとおり、どんな状況や人に適するのかをまとめてみましょう。

 

刈込鋏が適している

お手入れする庭木が小規模である

趣味的に、鋏を扱い慣れていく過程も楽しみたい

仕上げのきれいさにこだわりたい

道具にかけるお金は少なく済ませたい

できる限り危険度の低い道具を使いたい

 

バリカンが適している

お手入れする庭木が大規模である

仕上がりのきれいさはそこそこで構わない

道具にお金をかけてもいいので、とにかく手間を省きたい

道具のリスクを理解したうえで扱える方だと思う

 

こんなところでいかがなものでしょうか。

 

番外編:バリカンは邪道?

職人の中には「バリカンなんて使ってる奴は職人じゃない!」とまで言う人もいます。

その根拠を聞いてみると・・・。

 

①職人らしくないから

確かに、昔ながらの藍染の半纏、股引、手甲、脚絆、地下足袋という正装にバリカンは不似合いかもしれませんね。

鋏一丁小脇に抱え・・・なんて方が格好良いのも分かります。

 

逆に言えば、一般の方にとっては「どうでもいいこだわり」とも言えます。

 

②作動音が邪魔だから

これはエンジン仕様のバリカンのことなら、ご近所への迷惑ということで納得できますよね。

しかし、私が経験したのは電動バリカンの作動音のことです。

 

とある親方のもとで働いていた時のこと。

私が充電式バリカンを使用していたら、親方から

 

「おい、ラジオがいいとこなんだからよぉ、バリカン鳴らすんじゃねえよ」

 

と言われました(笑)

そもそも、仕事中にラジオを大音量で聴くという習慣自体がどうなのかと・・・。

 

他にも「職人同士の会話の邪魔だから」と言われたこともありますが、ラジオの件と大差無いですよね。

趣味ならいざ知らず、業務としてはいかがなものかと思います。

 

③刈り込み剪定自体が邪道だから

刈り込み剪定の真逆に相当する「透かし剪定」や、一見刈り込みのように見えるけどそうではない手入れもあり、「それこそが職人の仕事!」とする気持ちは分からんでもないのですが・・・。

透かし剪定の庭木 

 

 

←透かし剪定の一例

 葉が揺れて柔らかな印象ですね。 

 

 

 

個人的にも、自然の木のような仕上げになる剪定が好みであり、そんなお仕事ばかりなら楽しいなぁとは思います。

ただし、そのような剪定は技術も時間も要します=お金がかかります

 

例えば、「お庭にお金をあまりかけられない or かけたくない」というお宅の剪定を任されたとして

「是非透かし剪定にしましょう!お代は倍になりますが!!」

なんて無理強いできませんよね(私は無理です)。

 

結局のところ、庭木の仕上げというのは個人的価値観で良し悪しが決まります。

「刈り込んでまるーくなったのが綺麗じゃあねえか」という人も少数ではありません。

そんな人に「それは邪道なんです!」というのもちょっと違うのでは・・・。 

 

プロの皆さんは一般の方の気持ちを汲んでいただきたいですし、一般の方はプロの押しつけを鵜呑みにせず、自分に適した選択をしていただければと思います。 

 

記:稲垣

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 ライチョウグリーンサービス. All rights Reserved.